SACHISACHI

こんにちわ、SACHIです〜

 

以前から発表されていたPS5の本体の発売が決定しました〜♪

噂やガセ情報ではなくソニーの公式からの発表なので確定情報です。

とゆー事で今回の記事は「PS5の本体スペックや性能」についてです。

スポンサードリンク

PS5 本体価格(値段)予約開始日、発売日

正式名称 プレイステーション5
発売日 2020年末
本体価格 未定

 

まだ、PS5本体の画像は明らかにされてないよ〜♪

発売日が2021年ではなく2020年末に間に合ってる事を考えると発売日は意外と早いイメージです。

消費者目線では一番肝心である本体価格も未発表ですが、過去の歴代本体価格は以下の通り!!

ハード 価格 年代
PS1 39,800円 1994年
PS2 39,800円 2000年
PS3 49980円 2006年
PS4 41976円 2013年
PS5 2020年

 

値段の予想がネット上でも行われています(▰˘◡˘▰)

 

予約開始日は発売日の半年前である事が多いので、6月頃から予約開始するネットショップや小売店もあるのではないかな?

SACHISACHI

わかり次第更新するね

PS5のスペックと性能【プレステ5】

 

チェックポイント
  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • AMD社製カスタムチップ搭載
  • CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2″, 8 cores/16 threads
  • GPU: AMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
  • 3Dオーディオ処理専用ユニット
  • ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
  • PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
  • PlayStation VR対応

 

この他に物理メディアとして「Ultra HD Blu-ray」搭載、「ゲームディスクとしての容量は100GB」とのことです♪

スポンサードリンク

ハプティック技術とアダプティブトリガーの意味!

PS5のコントローラーの新しい性能としては下記の2項目だよ♪

 

チェックポイント
  • ハプティック技術搭載
  • アダプティブトリガーを採用

 

ハプティック技術の意味とはプレイヤーに振動を与え、皮膚感覚にフィードバックを与える技術だよ

語源はハプティックスから来ていて、Switcのジョイコンには近いものが搭載されてるのでイメージしやすいね。

PS5のハプティック技術では沼地を這う感覚や、草原を疾走感、さらに、壁にレースでぶつかる衝撃とオフロード走行する時の振動も細分化してフィードバックを得るものになるんだとか(▰˘◡˘▰)

 

アダプティブトリガーの意味はプレイヤーが取るアクションに合わせてボタンを押した時にそれぞれにふさわしい抵抗力を感じさせる技術だよ♪

具体的には「L2・R2ボタン」を押す事で抵抗力を感じるので、FPSなどのゲームで言えばライフルや弓などの武器に応じてリアルな感覚を体感することになりそうだね。

 

ハプティック技術とアダプティブトリガーのテクノロジーが融合する事でプレイヤーはゲームの世界に没感を抱くことになりそう。

PS5とPS4、PS3、PS2、PS1の互換性!

SACHISACHI

過去のハードとの互換性だよ

PS4 互換性アリ
PS3 互換性なし
PS2 互換性なし
PS1 互換性なし

 

PS4のソフトとは互換性があるので、モンスターハンターワールドなどの人気作品もPS5のハードで問題なくプレイできるということになるね〜。

この互換性が故に、PS5を焦って買わなくても平気と安心感を抱くプレイヤーも多いはず。

逆にPS1〜PS3までの過去ハードとは互換性がない事で残念にも感じるとの声も・・・。

 

PS5専用ソフト、専用タイトルは?【プレステ5】

PS5はいつか購入すると思うけど、発売日に買うかどうかとしての決め手が無いと感じる人も多い気がする。

PS5専用ソフト次第になってくるはずなのです。

当然PS5専用タイトルがリリースされる訳ですが、2019年10月の段階では一作品も明かされて無いです。

 

SACHISACHI

こちらもわかり次第更新するね

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で