天気の子

「君の名は。」で一気に有名になった新海誠監督の最新作「天気の子」が7月19日より公開されました!!

天気の子 ロケ地巡り(聖地巡礼)!モデル地、舞台はどこ?

 

公開日当日は夏休みの実質初日みたいなものなので、終業式を終えたと思われる子供もたくさん来てました。

あらすじとキャストの紹介やロケ地一覧はこの記事にまとめてあるので、是非✨

 

公開日に観に行ったんですが「あれ、ここのシーンの意味ってなんだろう?」というところが多かったです。

そこでこの記事では物語の謎や考察(私個人によるもの)などをまとめたいと思います(‘ω’)ノ

きっと同じように気になった人がいたと思うから( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )

 

※この記事ではネタバレを含ませながら書いてますので、閲覧はご自身の判断でお願いします※

スポンサードリンク

 

天気の子 謎の考察!魚と龍 意味と解釈!

映画が始まって数分で、陽菜が雨の降る東京で病室の窓辺に水をまとったような魚を目撃します。

その時に「光の水たまりみたい」と思った鳥居のあるビルに向かいました。

天気の子 謎の考察!魚と龍 意味と解釈!

 

病室にいる人は陽菜の母親と思われる人物で、病状があまり良くないのでしょうか…

その時に陽菜は強く祈りながら鳥居をくぐります。

天気の子 謎の考察!魚と龍 意味と解釈!

 

すると陽菜は遠く空高く舞い上がりました。

天気の子 謎の考察!魚と龍 意味と解釈!

 

何が何だかわからない陽菜の周りには、病室の窓辺で見た水のような魚の大群🐟

このシーンの他にも、劇中でも目撃情報などで謎の魚のシーンがたくさん出てきました。

 

他にも謎の魚だけでなく、謎の龍も登場して「この龍は何の意味が…?」と思った人も多いはず。
(実はメインビジュアルにも謎の龍がいる)

天気の子 謎の考察!魚と龍 意味と解釈!

 

この謎の魚と謎の龍は何の意味があるのか?

実は龍と天気というのは興味深いことに関連があるようなのです(‘ω’)

 

劇中でも帆高が取材に行った占いおばばが

晴れ女、雨女にはそれぞれ稲荷系、龍神系の自然霊がついている

と言ってましたよね。

 

所説ありますが、人には伝説の龍の姿をした霊的エネルギー体がその人の人生に影響を与えていることがあるんだそう。

そういった人のことを「龍神系」と言うらしく、さらに龍神系の魂の人には天気と関わりのある人が多いんですって。

 

陽菜は恐らく龍神系もしくは稲荷系の人間だったのではないでしょうか。

そうすると龍が度々出てきたことにも納得がいきますね(・o・)

 

謎の魚については全くわからず…

「こうじゃないか」という考えを持った方がいましたら是非コメントで教えて下さい(*’ω’*)

 

天気の子 帆高の家出理由!

帆高は訳ありで複雑な家出少年なのか…と思っていた人が多かったと思います。

予告で警察が出てきたりしてたから、法を犯していて島を出たのか…?と私は思ってました。

 

劇中で帆高は実際に法に触れてお尋ね者になってしまうんだけど、それは島を出て東京に来てからです。

行方不明捜索願を家族が出しているので家族と仲が悪いわけでもない…。虐待されていたわけでもない…

天気の子 謎の考察!穂高の家出理由!

 

でも「どうしても帰りたくない」という帆高の明確な家出理由は明かされませんでした。

 

この家出理由のヒントは、帆高が漫画喫茶に泊まるシーンにあります(‘ω’)ノ

帆高はお金がたくさんあったわけではないので、借りる家もなく漫画喫茶に連日宿泊していました。

そこで食べているのはカップラーメン。

天気の子 謎の考察!穂高の家出理由!

 

カップラーメンの蓋を押さえているのは一冊の本。

タイトルは「The Catcher in the Rye」。

「ライ麦畑でつかまえて」という本です。

 

こちらの本は実際にあるもので、16歳の高校生が成績不振のため学校を退学処分になり、家出を決意という話なのです。

 

「ライ麦畑でつかまえて」の主人公・ホールデンは自分を取り巻くすべて(特に人間)にうんざりし、無垢な世界へ憧れを抱きます。

こういったストーリーなので元祖中二病小説として結構有名な本なんですよね。

 

帆高の家出はもしかして「ライ麦畑でつかまえて」に触発されたものだったのでは…?と解釈しています。

新海誠監督による、「現代版・ライ麦畑でつかまえて」と言うべきか。

 

帆高にも、島にいたころ謎の光を追うという純粋で子供っぽい部分がありました。

帆高自身、「ライ麦畑でつかまえて」のホールデンと自分がリンクしてるなぁと感じたのかも…。

スポンサードリンク

 

須賀圭介の妻(嫁・奥さん)・アスカの死因は天気の子(晴れ女)で人柱?

帆高が東京に向かう船の中で謎の男性・須賀圭介が登場。

天気の子 謎の考察!圭介の妻・アスカの死因!天気の子(晴れ女)?K&Aは?

 

帆高の命の恩人でもある圭介は東京の少し古びた場所に事務所を構え、怪しげなオカルト雑誌のライターとして勤務。

働くところがない帆高に手を差し伸べて自分のところで雇います。

 

圭介には子供がいて、妻は亡くなっていることが劇中で明かされています。

圭介はシングルファザーと思いきや、子供が喘息持ちで圭介が喫煙者で害が及ぶと考えた妻のお母さんからあまり接触してほしくないと思われているようでしたね(‘ω’)

 

圭介はただのサブキャラか…と思っていたんだけど、いざ見てみると物語の中の重要なシーンで圭介がたくさん出てくるのです。

 

例えば警察から帆高が逃げて問題の鳥居に向かった時。

そこには帆高が来る前に、圭介がいました。

そして、鳥居に向かう帆高を必死に制止しようとします。

 

なぜ圭介が先にあの場所にいて、帆高を引き留めたのか?

それは死んだ圭介の妻が「天気の子」で、過去に人柱となり亡くなったのではないか?と私は解釈しています(‘ω’)ノ

 

考えてみると、圭介の指輪のアップのシーンも頻繁に出てきました。

まるで重要な意味があると言わんばかりのアピールっぷりです。

 

安井刑事が圭介の事務所に初めて足を踏み入れた時、死んだ妻や子供のいた形跡を映しつつ…

最後には「あいつ(帆高)はもう関係ない」と言いながら泣いていることを安井から指摘されています。

それは帆高と陽菜がまるで、過去の自分と死んだ妻と似ていたからではないでしょうか?

 

廃ビルに来た当初は「行くな、諦めろ」と言っていたのに最終的には「行け」と言っていたのも、自分と同じように後悔してほしくなかったからかもしれません。

 

須賀圭介の事務所「K&A」の意味

ちなみに圭介の事務所「K&A」の由来は「圭介&アスカ」から来ています。

天気の子 謎の考察!圭介の妻・アスカの死因!天気の子(晴れ女)?K&Aは?

 

 

以上、天気の子の考察でした(*’ω’*)

紹介した考察は個人によるものなので、批判などはご容赦ください><

間違いなどがあればコメント欄より教えて頂けたら嬉しいです(*^^*)

 

考察、帆高の家出理由、須賀圭介の奥さんの謎などはこちら👇

 

ロケ地の紹介はこちらの記事から👇✨

 

U-NEXTでは、あらゆるVODサービスがある中で新海誠作品すべてが揃っています✨

天気の子 ロケ地巡り(聖地巡礼)!モデル地、舞台はどこ?

 

 

U-NEXT月額1,990円で約9万本の動画が見放題!

今なら無料トライアルキャンペーンも行っていて、31日間お試しで動画を楽しめますよ♪

トイストーリーを見るならU-NEXT

 

新海誠さんの織り成す独特な世界観とピュアなストーリーをご堪能ください✨

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で